INTRODUCTION

テロリストへの復讐に燃え、CIAにスカウトされた青年
その想像を絶する運命を壮大なスケールで描くスパイ・アクション

南欧でのバカンス旅行中に無差別テロ事件に遭い、永遠の愛を誓ったばかりの恋人を殺されたアメリカ人青年ミッチ・ラップ。凄まじい怒りと悲しみに駆られ、テロリストへの復讐に人生を捧げることを決意した彼は、その潜在能力を高く評価したCIAの対テロ極秘スパイ・チームにスカウトされる。元ネイビー・シールズの鬼教官ハーリーのもとでハードな特訓を積んだミッチは、ロシアから流出したプルトニウムで核兵器製造をもくろむテロリストの陰謀を阻むため、ヨーロッパでのミッションに身を投じていく。しかし正体不明で神出鬼没のテロリスト“ゴースト”に翻弄されたミッチは、恐るべき核テロのカウントダウンが刻まれるなか、自らの真価を試される最大の試練に直面するのだった……。

累計売上げ2500万部を誇るヴィンス・フリンの全米ベストセラー小説“ミッチ・ラップ”シリーズを初めて映画化した『アメリカン・アサシン』は、世界最大の諜報機関CIAにスカウトされた若き主人公ミッチのファースト・ミッションを描くサスペンス・アクション大作だ。最愛の女性との幸福な未来を打ち砕かれたごく普通の青年が、テロリストへの復讐心に取りつかれ、核テロの脅威に立ち向かっていく激動の運命を描出。イスタンブールやローマなどのヨーロッパ各国の大都市を舞台に、複雑な国際情勢や諜報活動の内幕をリアルに見せる映像世界は、壮大なスケールのストーリー展開と相まって圧倒的なスリルを呼び起こす。トム・クランシー原作の“ジャック・ライアン”シリーズ、ロバート・ラドラム原作の“ジェイソン・ボーン”シリーズの系譜を受け継ぐ、新たなスパイ・アクションの快作がここに誕生した。

ディラン・オブライエン、マイケル・キートンが火花を散らす
無鉄砲な新人スパイ×鬼のような指導官のバディムービー

主人公ミッチの目的は、あくまでCIAの巨大な組織力を利用してテロリスト抹殺という“私怨”を晴らすこと。一方、核テロ阻止を最優先するCIAにとって、ミッチは使い捨てのコマにすぎない。そんな両者の思惑が緊迫感たっぷりに錯綜するドラマを牽引するのは、世代の異なるふたりの主演スターだ。『メイズ・ランナー』シリーズの主役に抜擢され、一躍ハリウッドの若手有望株として脚光を浴びたディラン・オブライエン。そして『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、『スポットライト 世紀のスクープ』『スパイダーマン:ホームカミング』も記憶に新しいマイケル・キートンである。

オブライエン扮するミッチはスパイとしての資質は抜群だが、経験が浅いうえに無鉄砲な性格で感情の振れ幅も大きい。キートン演じるハーリーは海千山千のチーム・リーダーで、私情こそが任務の妨げになるという鉄のようなポリシーの持ち主だ。いわば復讐に燃える“炎の男”と、冷徹にして厳格な“氷の男”。この何もかも対照的なふたりのキャラクターが命がけのミッションの中で成長と変化を遂げ、いつしか師弟の絆で結ばれていく物語には、熱い興奮を誘うバディムービーの魅力も息づいている。スパイにふさわしいディテールを体得するために、ブートキャンプで役作りを行ったオブライエンとキートンの熱演からも目が離せない。

世界中の多くの愛読者が待ち望んでいた“ミッチ・ラップ”シリーズの映画化に挑んだ監督は、TVシリーズ「HOMELAND」の演出を手がけたマイケル・クエスタ。さらに『ラスト サムライ』『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の名匠エドワード・ズウィック、「ジ・アメリカンズ」のスティーヴン・シフらが脚本チームに名を連ね、現代的なリアリティとスペクタクルがほとばしる本作の骨格を支えている。

STORY

スペインのイビサ島でバカンスを満喫中のアメリカ人青年ミッチ・ラップ(ディラン・オブライエン)は、今まさに人生の最も輝かしい瞬間を迎えていた。「君を誰よりも愛している。結婚してくれ」。陽光まばゆいビーチでそう告げて指輪を差し出すと、恋人のカトリーナは感激の面持ちで彼のプロポーズを受け入れた。ところがミッチが飲み物を買うためにその場を離れた直後、複数の武装テロリストが浜辺に乱入し、大勢の観光客への無差別乱射を開始。阿鼻叫喚のパニックのさなか、ミッチは必死にカトリーナのもとへ走るが、非情な凶弾を浴びた彼女はミッチの目の前で絶命した。

18ヵ月後。最愛の女性との未来をテロリストに奪われたミッチは復讐に燃え、イスラム過激派組織へのコンタクトを試みていた。すべてをなげうってアラビア語を習得し、格闘技や銃撃の鍛錬に没頭してきた彼の望みは、イビサ島のテロの首謀者アル・マンスールを自らの手で葬ること。長い月日を費やして敵を欺いたミッチは、テロリスト志願者を装ってリビアのトリポリにある組織のアジトに潜入する。そして憎きマンスールとの対面を果たすが、突然アジトを襲撃した米軍がテロリスト全員を射殺。ミッチのあらゆる行動はCIAに監視されていたのだ。

テロ対策担当の女性幹部ケネディ(サナ・レイサン)は、CIAの情報網でも捕捉できなかったマンスールの居場所を突き止めたミッチに類い希なスパイの資質を見出し、彼を極秘ミッション遂行チーム“オライオン”に加えようとする。テロリストへの私怨を晴らすためにオファーを受け入れたミッチは、バージニア州の人里離れた山奥の施設へ。そこでは元ネイビー・シールズの鬼教官スタン・ハーリー(マイケル・キートン)の指導のもと、CIA工作員の養成プログラムが行われていた。過酷なトレーニング・キャンプに身を投じたミッチは、対テロ戦のさまざまなシチュエーションを想定した特訓をこなし、並外れた潜在力を開花させていく。

折しも、ロシアの核施設から大量のプルトニウムが盗まれる大事件が発生。テロリストがそれを核兵器に転用する最悪の事態を懸念したケネディは、ハーリーのチームに出動を要請する。ミッチを同行させるよう命じられたハーリーは、彼のスパイとしての力量を認めつつも不安定な精神面を問題視し、「何があろうと個人的な感情は捨てろ」と厳しく言い聞かせるのだった。

トルコのイスタンブールで現地協力員の若い女性アニカ(シヴァ・ネガー)と合流したチームは、プルトニウムを入手した謎の白人テロリスト“ゴースト”(テイラー・キッチュ)と、核の起爆装置を売りさばこうとする武器商人の取引を阻止しようとするが、それを鋭く察知したゴーストを取り逃がしてしまう。続いてローマに飛んだチームはゴーストに雇われた物理学者を尾行するが、またしてもゴーストに作戦を見破られ、ミッチは危ういところをハーリーに救われる。実は神出鬼没のゴーストの正体はハーリーの元教え子で、かつて自分を見捨てたハーリーとアメリカ政府に対して尋常ならざる怨念を抱いていた。

やがてハーリーがゴーストに拉致される非常事態が勃発し、ケネディから帰国するよう言い渡されたミッチは、その命令を無視して猛然とハーリーの救出に向かう。しかしその頃、ついに核兵器を完成させたゴーストは、ミッチとハーリーを嘲笑うようにして恐るべきテロ計画を実行しようとしていた……。

CAST

DYLAN O’BRIEN

ディラン・オブライエン

ミッチ・ラップ役

1991年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。TVシリーズ「ティーン・ウルフ」(11-17)で俳優デビュー。主役の親友スタイルズを演じて人気者となる。『High Road(原題)』(11・未/マット・ウォルシュ監督)で映画デビューを果たす。『ファースト・タイム 素敵な恋の始め方』(12・未/ジョナサン・カスダン監督)、『インターンシップ』(13・未/ショーン・レヴィ監督)、『バーニング・オーシャン』(17/ピーター・バーグ監督)に出演。さらに、ベストセラー小説を映画化した『メイズ・ランナー』(14/ウェス・ボール監督)で主演トーマス役に大抜擢、大ヒットシリーズとなり『メイズ・ランナー2砂漠の迷宮』(15)、第3弾『メイズ・ランナー最期の迷宮』(18年6月)の公開を控える。

MICHAEL KEATON

マイケル・キートン

スタン・ハーリー役

1951年、アメリカ・ペンシルベニア生まれ。コメディ番組出演の後、『ラブINニューヨーク』(82/ロン・ハワード監督)で最初に注目され、次に、『ミスター・マム』(83/スタン・ドラゴッティ監督)、『ドリーム・チーム』(89/ハワード・ジーフ監督)といった人気作に主演。1989年には、『偽りのヘブン』(88・未/グレン・ゴードン・キャロン監督)と『ビートルジュース』(88/ティム・バートン監督)の両作品で全米映画批評家協会の最優秀男優賞に輝いた。バートン監督とは、タイトルロールを演じた大ヒット作『バットマン』(89)、『バットマン リターンズ』(92)で再びチームを組んでいる。2015年の米アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14/アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)でリーガン役を演じ、批評家や観客の称賛を浴びた。この演技で、ゴールデングローブ賞/インディペンデント・スピリット賞/米国映画批評会議賞の最優秀男優賞を受賞し、キャストとともに全米映画俳優組合(SAG)賞アンサンブル演技賞も受賞した。さらに、米アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(15/トム・マッカーシー監督)にも出演。近年は、マクドナルドの創始者レイ・クロックを演じた『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(16/ジョン・リー・ハンコック監督)、『スパイダーマン:ホームカミング』(17/ジョン・ワッツ監督)などがある。

TAYLOR KITSCH

テイラー・キッチュ

ゴースト役

1981年、カナダ・ブリティッシュ・コロンビア生まれ。2006年、NBC放送の高評価を受けたスポーツドラマ「Friday Night Lights」(06~11)でティム・リギンズを演じ、ブレイクした。映画では、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(09/ギャヴィン・フッド監督)、『バンバン・クラブ-真実の戦場-』(10/スティーヴン・シルヴァー監督)、『ジョン・カーター』(12/アンドリュー・スタントン監督)、『野蛮なやつら/SAVAGES』(12/オリヴァー・ストーン監督)、そして、2012年にはSF超大作『バトルシップ』(ピーター・バーグ監督)に主演。
その後、前述の「FridayNightLights」のクリエイター、ピーター・バーグと再びチームを組んだ、『ローン・サバイバー』(13)に出演し高評価を得た。2014年、TV界に戻り、HBO放送のエミー賞受賞ドラマ「ノーマル・ハート」、HBO放送の「TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス」(15)に出演した。

SANAA LATHAN

サナ・レイサン

アイリーン・ケネディ役

1971年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。イエール大学で演劇を学ぶ。主な出演作品は、『ブレイド』(98/スティーヴン・ノリントン監督)、『ベストマン』(99・未/マルコム・D・リー監督)、『最高の贈りもの』(13・未/マルコム・D・リー監督)、『ブラウン・シュガー』(02・未/リック・ファムイーワ監督)、『タイムリミット』(03/カール・フランクリン監督)、『エイリアンVS.プレデター』(04/ポール・W・S・アンダーソン監督)、『Something New』(06・未/サナー・ハムリ監督)、『The Family That Preys』(08/タイラー・ペリー監督)、『コンテイジョン』(11/スティーヴン・ソダーバーグ監督)、『パーフェクト・ガイ』(15/デヴィッド・M・ローゼンタール監督)などがある。近作は、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(16/ジョン・M・チュウ監督)で、マーク・ラファロとペアを組む警部を演じている。

DAVID SUCHET

デヴィッド・スーシェ

スタンスフィールド役

1946年、イギリス・ロンドン生まれ。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの準団員であり理事でもある。アガサ・クリスティの「名探偵ポワロ」(89~13)の全74話で演じたエルキュール・ポワロ役で世界中に知られている。2010年に大英帝国勲章を受章した。そのほか、舞台でも活躍しており、ローレンス・オリヴィエ賞などノミネートされている。主な出演作に、『ハリーとヘンダスン一家』(87/ウィリアム・ディア監督)、『ワールド・アパート』(88/クリス・メンゲス監督)、『エグゼクティブ・デシジョン』(96/スチュアート・ベアード監督)、『ダイヤルM』(98/アンドリュー・デイヴィス監督)、『セイブ・ザ・ワールド』(04/アンドリュー・フレミング監督)、『バンク・ジョブ』(08/ロジャー・ドナルドソン監督)など。

STAFF

MICHAEL CUESTA

マイケル・クエスタ

監督

1963年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。TVシリーズ「シックス・フィート・アンダー」(01-05)、「デクスター 警察官は殺人鬼」(06-13)、「ブルーブラッド」(10-)、「エレメンタリー」(12-)など監督する。「HOMELAND」(11-)ではエミー賞ドラマシリーズ監督賞を受賞した。映画では、共同脚本も担当したインディペンデント映画『L.I.E』で監督デビュー。その他に、家庭内のドラマを描いて2007年度インディペンデント・スピリット賞のジョン・カサヴェテス賞にノミネートされた『12 and Holding』(05)、2009年度トライベッカ映画祭でプレミア上映された『Tell-Tale』、さらに『Roadie』(11)、『KilltheMessenger』(14/出演:ジェレミー・レナー)などがある。

VINCE FLYNN

ヴィンス・フリン

原作

1966年、アメリカ・ミネソタ州セントポール生まれ。1984年にセント・トーマス・アカデミーを卒業し、1988年にセント・トーマス大学で経済学の学位を取得し卒業。卒業後は、クラフト・ゼネラル・フーズで会計と販売マーケティングのスペシャリストとして仕事をした。1990年にクラフト社を退社し、米海兵隊で航空候補生のポストを受けたが、幹部候補生の学校に入る1週間前に、海兵隊航空プログラムから、成長期に苦しんだ脳震盪とけいれん性の発作のため、医学的に失格との通知を受け取った。自分のコンディションのために医療放棄を取得しようと試みながら、本を書くことを考え始めた。5年が経ち、60社以上から断りの手紙を受け取ったのち、処女作を自費出版するという思い切った行動に出る。その本はミネアポリス・セントポールで売上一位となり、1週間のうちに、新しいエージェントとサイモン&シュスターの子会社ポケット・ブックスとの2冊の本の契約を結んだ。処女作「Term Limits」は「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラーリストに載り、フリンの小説はすべてヒットを記録。それ以来、ペーパーバック版もハードカバー版もベストセラー入りし、フリンはリサーチの正確さと、イスラム過激派原理主義とテロリズムの台頭を予知/警告する先見の明で知られるようになった。2007年10月、9冊目のポリティカルサスペンス「ProtectandDefend」が「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラー、第一位となり、フリンのキャリアにもう一つの金字塔を打ち立てた。その数か月後、CBSフィルムズはフリンが創造したキャラクター、ミッチ・ラップを主人公とするサスペンスアクション映画のフランチャイズ・オプション権を獲得。ミッチ・ラップのサーガの過去を描く作品「American Assassin」と「Kill Shot」がそれぞれ2010年10月と2012年2月に出版され、両作品ともに「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラーの第一位を獲得した。シリーズ作品には、「American Assassin」「Kill Shot」「Transfer of Power」「The Third Option」「Separation of Power」「Executive Power」「Memorial Day」「Consent to Kill」「Act of Treason」「Extreme Measures」「Pursuit of Honor」「The Last Man」「The Survivor」がある。2013年に前立腺癌のため死去。

※「アメリカン・アサシン」オークラ出版より6月刊行予定

PRODUCTION NOTES

COMING SOON